神社挙式のヘアメイク

伝統的な和装結婚式の髪形

伝統的な和装結婚の髪形は「文金高島田」「綿帽子」「角隠し」の3つが代表的です。せっかく神社で結婚式を挙げるのだからとことん和風にこだわりたい、というときはこの3つの中から選ぶのがいいでしょう。文金高島田は古くから結われてきた日本髪の1つ。時代劇に出てくるお姫さまの髪形と言えばイメージが湧きやすいでしょうか。未婚女性の象徴であり、上品な仕上がりになります。昔はもちろん自分の髪に鬢付け油をつけてしっかりと結い上げていたのですが、最近は自分の髪を使わずかつらを被る花嫁さんが多くなっています。かつらなので普段ショートカットでも問題なく選ぶことができます。

文金高島田の上からすっぽりと白い被り物を被るのが綿帽子です。額まで被さる被り物は、ウエディングドレスのベールと同じく顔を隠すためのものです。「花嫁は結婚式が終わるまで新郎意外に顔を見られてはいけない」という意味合いが込められており、白無垢の持つ奥ゆかしさ、淑やかさというイメージを強くすることができます。文金高島田の上から帯状の布を被せるのが角隠し。文字通り「夫に角を隠して従順な妻になる」という面白い意味合いが込められているのです。綿帽子は白無垢のみですが、角隠しは白無垢と色打掛のどちらにも合わせることができます。

最近流行の洋髪を取り入れるスタイルとは?

和装結婚をするなら、髪形は日本髪にすることが決まっていました。しかし近年自由な結婚式というスタイルが広がった結果、和装であっても自由なヘアスタイルを選択する人が増えてきています。実際に和装に洋髪を組み合わせるというスタイルが近年急速に広まっています。洋髪が選ばれる理由としては、自分の髪でヘアアレンジできるという点が大きいでしょう。かつらはどんな髪型であっても簡単に日本髪を演出できるので便利ですが、やはり長時間被るのは大変です。その点、自分の髪であれば重さや暑さを味わう必要はありません。またお色直しでドレスを着る時に、同じヘアメイクを流用してお色直しの時間を省略できるというメリットもあります。

洋髪を選ぶ場合も、髪はしっかりとアップにするのが基本。着物の魅力は襟元や襟足にありますし、髪を下しているとせっかくの柄を隠してしまうことになります。それさえ守れば、どんな髪型を選ぶのも自由です。人気なのは着物に生える簪や、華やかさを演出することができる花飾り。生花を使って季節感を出す花嫁さんも多いです。また敢えてリボンやちりめん飾りを使ってモダンな雰囲気を演出する人も。自分のなりたいスタイルを選ぶことができるようになったのも、和風婚が人気を盛り返してきた理由ではないでしょうか。

結婚式といえば高額なイメージが強いものでしたが、現在は、費用を抑えたいと考える新郎・新婦様のために結婚式を格安で出来る式場も多いです

© Copyright Kind Of Wedding For Couples. All Rights Reserved.