神社挙式の衣裳

実は白無垢にこだわる必要はない

一般的に神社挙式の衣裳は、女性であれば白無垢・男性であれば紋付き袴というイメージが定着している傾向があります。そのため神社挙式は必ず和式の衣裳でなければいけないという固定概念を持ってしまいがちで、堅苦しいイメージを持っている人も少なくありません。基本的に神社そのものが和式の建物であることから白無垢や紋付き袴が似合っているのですが、実は神社挙式では白無垢以外にも色打ち掛けや黒引き振り袖など色々な着物を着ることが可能となっているのです。男性も紋付き袴以外の衣裳を着ることが可能となっています。

これは神社挙式で必要なものは神様や参列する人たちに対して失礼がないような振舞いだと考えられているところがポイントで、特に神様に失礼のない服装であればどのような結婚衣裳でもある程度許容してもらえると言います。洋式のドレスの場合は事前に神社側に確認する必要がありますが、和装に近いドレスであれば許容してもらえるケースもあるようです。そのため神社挙式では必ず白無垢と紋付き袴にこだわらなければいけないというわけではなく、ある程度形式を守っていれば女性だけではなく男性側も自由に自分なりのスタイルで結婚式の衣裳を決めることが可能だとされています。

実際にどのような衣裳が用いられているのか

神社挙式で花嫁が用いることができる衣裳としては、白無垢のほかには色打ち掛けや黒引き振り袖の2種類が挙げられています。白無垢はもちろん神社挙式の代表的な衣裳であることから利用できることを知っている人は多いですが、色打ち掛けや黒引き振り袖も利用できることを知っている人は意外と少ないようです。色打ち掛けは白無垢同様に正式な結婚式の衣裳として知られていて、華やかな色合いのものや柄のものを身につける人も多いとされています。特に華やかな色や柄のものは結婚式以外ではなかなか身につける機会もないので、利用したいと考えている人は増えてきている傾向があります。

そして黒引き振り袖は若い女性よりも落ち着いた年齢の女性から人気を集めている花嫁衣装で、和モダンかつシックな雰囲気がかっこいいと人気を集めているようです。また黒引き振り袖は金色をはじめとした華やかで豪華な柄の帯と合わせることで、さらに個性的かつ存在感を出すことができると大人花嫁から話題の神社挙式の衣裳として注目を集めています。どちらの場合も髪型は洋風に仕上げても問題なく、角隠しなどのかぶり物との相性もいいのでオリジナリティのある神社挙式を演出できる衣裳です。

© Copyright Kind Of Wedding For Couples. All Rights Reserved.